パピエマシェのペンケース フランスアンティーク

1900年〜1920年頃に作られた、フランスの古いペンケースです。
素材はパピエマシェと言って、紙を何重にも重ねて圧縮し、膠を塗って固めたもの。

18世紀初頭に作られた素材ですが、小箱やトレーなどいろいろなアイテムに使われていたそうです。
今では手に入れることのできない、とても希少な素材と言えるでしょう。

そのパピエマシェを使ったこちらのペンケース、100年以上前の物とは思えないほど良い状態です。
フタにはオランダの風景でしょうか、風車と共に子どもや女性、馬車などが描かれています。
全体は黒ですが、紙の剥離はほとんど無く、とてもきれいなお品です。

正面のボタンを押して開けると、90度に開いて止まります。3分割された内部もとてもきれいです。

●フタの左角に小さな剥離、裏面右側(画像あり)に若干の汚れが見られます。
●フタを開けた時、接続部分の右隅に2cmほどすき間ができますが、ご了承下さい。

※こちらは送料無料でお送り致します。
(沖縄、離島は別途見積りさせて頂きます。)

【材質】 紙 
【サイズ】横20cm×縦5.6cm×高さ3cm 
【状態】 ☆☆☆☆☆(とても良い)
型番 40-123-365
定価 11,000円(税込)
販売価格 11,000円(税込)
購入数


About the owner

しえる

はじめまして。
店長のしえると申します。
静岡県浜松市でアンティークとフランス雑貨を扱う、小さな自宅ショップを開いています。
ブログでは、日々のできごとのほか、新入荷商品や時にはフランス買付けの様子などもご紹介していますので、ぜひご覧下さいね。
ブログ掲載商品も通信販売させて頂きますので、ご興味がありましたらメールまたはお電話にてご連絡ください。

Top