アンティーク・ソーイングバスケット3056(ラタン製)

フランスの蚤の市で買い付けた、1940年代の籐のソーイングバスケット(裁縫箱)です。
時間の経過と共に飴色になったラタンが、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

フタには薄くワタを入れたジャカード織物が張られています。
縁回りと持ち手に巻かれた紅白のビニールが、レトロな感じを一層盛り上げています。

内部は真紅のサテン張り。底の部分に薄くシミのような汚れがありますが、
破れなどはなく、とてもきれいです。

フタの裏側はワタを入れたクッションのようになっており、透明のボタンで留めてあります。
針山として使ったようで、針穴や針を刺すことによってできた糸引けが見られます。

中仕切りがありませんので、手芸材料やお気に入りのハギレなどの収納にいかがでしょうか。
バスケット全体としては特に傷みもなく、良い状態です。

●留め具が付いていませんでしたので、当店で角型のボタン(現行品)をクリーム色の
 紐で付けました。受け部分の白いループ(アイアン製)にピッタリとは合いませんので
 ご了承下さい。持ち手が付いていますので、持ち運びには支障ないものと思われます。

【材質】 ラタン、木、(内部とフタ表)布
【サイズ】幅33cm×奥行23.5cm×高さ15.5(持ち手含む高さ28.7)cm 
【状態】 ★★★★☆(かなり良い)

型番 W3056-315
定価 9,800円(税込)
販売価格 0円(税込)
SOLD OUT

About the owner

しえる

はじめまして。
店長のしえると申します。
静岡県浜松市でアンティークとフランス雑貨を扱う、小さな自宅ショップを開いています。
ブログでは、日々のできごとのほか、新入荷商品や時にはフランス買付けの様子などもご紹介していますので、ぜひご覧下さいね。
ブログ掲載商品も通信販売させて頂きますので、ご興味がありましたらメールまたはお電話にてご連絡ください。

Top